読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の音が好き

アマオトです。ゲーム攻略、プレイ日記、ペット、雑貨、家電、ガジェット紹介記事などが中心です

iMacで新生ファイナルファンタジー14のベンチマークを測ってみた Parallels Desktop編 ①解像度別

 先々週、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(FF14)』のPS3クローズドβテストに当選しました。FF13についてきたコードがついに活かされたわけです。

 で、先週、先々週と週末ベータに参加したのですが、PC版ベンチマークの存在に気が付き早速iMacで走らせてみました。

スペックと環境

 iMacのスペックは以下のとおり。


 当然、Mac OSでは動きませんので、毎度おなじみMacWindowsのソフトを使えるようにする仮想化ソフト『Parallels Desktop 8』を使用Windows 7をインストールしています。DQ10では全く問題ない動作とパフォーマンスを見せてくれた環境ですが、新生FF14ではどうなるか?

Parallels Desktop 8 for Mac
Parallels Desktop 8 for Mac
posted with amazlet at 13.06.24
Parallels (2012-09-05)
売り上げランキング: 87


 あたりまえですが、メーカーに推奨された環境ではありませんので不具合があっても文句言えませんし、ベンチマーク自体本編の動作を保証するものでもありませんのであしからず。

このベンチマークFINAL FANTASY XIV: A Realm Rebornの動作を保証する物ではありません。
FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn 公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com
(C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

MMORPGにおける解像度の考え方

 一般的なゲームの場合、解像度とは画面のきめ細かさであり、グラフィックスの質に直結するものです。ただし、個人的にMMORPGにおける解像度は、画面内にどれだけのユーザーインターフェイス(UI)を配置できるかという点の方が重要だと思っています。

 例えばチャットウィンドウを3分割にしたり、スキルを配置するスロットバーのようなものを複数同時に表示させておいたり、デフォルトで非表示の項目を常に表示させておくといった事が高解像度ではより柔軟に対応できます。そして、UIが画メインのゲーム面を邪魔しないように配置できると、より的確に戦況を把握したり、ターゲットを取りやすくなるといったメリットがあります。逆に、文字やアイコンが小さくて読めなくなったりといった副作用もあるわけですが。ですので、解像度をどう選ぶかはゲームのグラフィックの質よりもゲームの快適さを重視したものになると考えています。

 すべてのフォントの大きさやアイコンを調整できるのであれば、何も考えずに高解像度でも構いませんが、そうでないなら逆に視認性が悪くなる場合もあるので、一概に高解像度が良しとはなりません。ディスプレイを物理的に大きいものにするといった場合でも、視点移動が多くなるので、情報を読み切れなかったり、疲れたりといった場合があります。

標準画質、1280 x 720、ウィンドウモードとフルスクリーンモード

 まずはデフォルトの設定です。スクリーンモード設定はウィンドウモードです。



SCORE:4360
平均フレームレート:37.661
評価:快適
-快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。


 実際には少しキャラが沢山でた時や、カメラを引いたシーンではカクカクします。超快適というわけではありません。このベンチマーク自体、結構高負荷にになるように作ってるんじゃないでしょうかね。あと、iMacのディスプレイは、WQHD(2560×1440)ですのでかなりでかいです。そのでかい画面に、1280 x 720という解像度だと、下記のスクリーンショットのようにかなり小さく表示されてしまいます。




 ただし、1280 x 720は別の言い方をすれば720p(pは、プログレッシブという描画方式の意味です)で、これはPS3XBox360といった現世代ゲーム機では標準的な解像度です。720pのゲームを、テレビ側でフルHDである1080pや、ゲーム機側でスケーリングして画面いっぱいに表示するという事が一般的です。

 同じように、スクリーンモード設定をフルスクリーンにしてテストしてみました。結果からいうとベンチマークの数字はあまり変わりませんでした。誤差範囲です。



SCORE:4395
平均フレームレート:38.039
評価:快適
-快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。


 4倍のスケーリング(縦と横でいうと2倍)になります。縦方向にも横方向にも2倍に拡大して全画面表示させている状態です。こうなると確かにグラフィック的には荒が目立ちますが、思ったほど気になりません。

標準画質、1920x1080、ウィンドウモード

 所謂、FullHDってやつです。



SCORE:3815
平均フレームレート:32.240
評価:快適
-快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。


 スコアはさがりましたが、まだ評価的には『快適』。感覚としてはカクつきを感じます。ウィンドウモードでプレイするならこの解像度が一番いいかも。なぜかこの解像度にするとフルスクリーンに出来ないという…。

標準画質、1920x1200、フルスクリーン

 これは、16:10の解像度でやや縦が長い解像度です。PC用ディスプレイとして採用されているものがあります。でも最近は、PCが用ディスプレイも1920x1080(16:9 Full HD)がスタンダードなんですかね。



SCORE:3690
平均フレームレート:31.069
評価:快適
-快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。


 解像度的に、iMacの画面とはあっていませんので、フルスクリーンにすると左右に黒帯が入ります。

標準画質、2560x1440、仮想フルスクリーン

 なにがバーチャルなのか説明を読んでもイマイチよくわからんのですが、とにかく今使用している画面解像度に合わせて強制的にフルスクリーンにしてくれます。iMacだと2560x1440という解像度になります。おそらく、ウィンドウズのタイトルバーや、ウィンドウ枠などを強制的に取っ払って擬似的にフルスクリーンに見せているという感じなんでしょうけど、それであってるのかどうかわかりません。



SCORE:3187
平均フレームレート:26.490
評価:やや快適
-標準的な動作が見込めます。余裕が有ればグラフィック設定の調整をお勧めいたします。

次は画質を弄ってみます

 長くなったので記事を分けたいと思います。次は画質を弄ってみます。

このベンチマークFINAL FANTASY XIV: A Realm Rebornの動作を保証する物ではありません。
FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn 公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com
(C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.