読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の音が好き

アマオトです。ゲーム攻略、プレイ日記、ペット、雑貨、家電、ガジェット紹介記事などが中心です

【0.概要】BootCampのWindows領域(パーティション・サイズ)を後から変更しようとして大苦戦した際の顛末

f:id:nowshika:20150411125849p:plain
 FusionDrive搭載のiMacで、BootCamp用パーティションサイズを変更しようとしたら簡単には行かなかった話の顛末の概要を書いておきます。私も結構困ってネットを探したもののドンピシャのものがなかったので、ちょっとでも何か引っかかるものがあればと、詳細に記録しておきました。

エラーが出てパーティションを確保できなかった

 まず、普通に容量を変更するだけなら「Paragon Camptune X」というソフトが簡単そうだが、FusionDriveでの動作に確証が得られなかった。

 その為、Winclone 5 Basicを使った方法に挑戦してみた。うまく行けば以下の手順でできるはずだった。

必要なもの

  • Winclone 5 Basic
  • Windows 7以降のインストールディスク

手順

  1. WincloneでBootCampパーティションを丸ごとバックアップ
  2. BootCampアシスタントで、ディスクを単一パーティションに戻す
    • この時、当然Windows用パーティションのデータは全て消える
  3. BootCampアシスタントで、Windows用パーティションを再確保する
  4. Wincloneで復元して、Windows環境を元に戻す

しかしパーティションが切れなくて失敗……

 しかし、「BootCampアシスタントで、Windows用パーティションを再確保する」これが出来なかった

f:id:nowshika:20150412025230j:plain
▲再確保の為に、パーティションを切ろうとすると、上記のような「ディスクにパーティションを作成できませんでした ディスクにパーティションを作成中にエラーが起きました」というエラーが発生してどうしても切れなかった。

切れない原因

 切れない原因はいくつかあるみたいだった。

 FirstAidで修復してもダメ。FileVaultもオフ。という事で、考えられるのはハードディスク上に連続した領域を確保できないのが原因の可能性が高かった。FusionDriveというのも影響してるかもしれない。

 そういえば、BootCamp領域はハードディスクの最初の2TB以内に確保しなければいけないというルールがあったような気がする。

 表向きHDDに余裕があっても、その最初の2TB部分に連続した空きスペースがないと出来ないのかもしれない……。(これらは完全に憶測です)

 3TB以上のディスクを積んでいて、しかもかなり使い込んでいるユーザーがBootCampパーティションを後から変更すると大変なのかもしれない……。

結局、工場出荷時に近い状態に戻す事に

 最終的に以下の方法でBootCamp用のパーティションサイズの変更ができた。

用意/購入したもの

  • Winclone 5 Basic
  • 4TB USB3.0外部ハードディスク(TimeMachine用に新規購入)
  • Windows 8のインストールディスク

手順

  1. Winclone 5を使って、Windowsパーティションを丸ごとバックアップ
  2. TimeMachineを使って、Macパーティションを丸ごとバックアップ
  3. OS Xユーティリティを使い、ハードディスクを消去(再フォーマット)
  4. OS Xユーティリティを使って、Mac OS Xを再インストール
  5. まっさらなMacOS Xのまま、BootCampアシスタントを使ってWindows用のパーティションを切る
  6. OS XユーティリティからTimeMachineを使って、Mac環境をリストア(復元)
  7. 復元したMacOS上でWinclone 5を使い、Windows環境をリストア(復元)

 以上の工程を経てなんとかWindowsの領域を確保できた。最初にBootCamp領域を少し多目にしておけばよかったのだけど、ゲーム等をインストールしていくと容量が足りなかった……。

f:id:nowshika:20150412023313j:plain

 スポンサーリンク