読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の音が好き

アマオトです。ゲーム攻略、プレイ日記、ペット、雑貨、家電、ガジェット紹介記事などが中心です

「もっとも面倒なクレーマーは団塊世代の関西人」

雑記

 どうやら「面倒なクレームを持ち込むのは団塊世代」というような記事が人気らしい。そうかそうか、元気でいいじゃないですか。ちなみに、「団塊世代は1947年から1949年までの3年間に出生した世代」と定義らしいですよ(団塊の世代 - Wikipedia)。今年、66歳~68歳の人達ですね。ま、もうちょい広い年齢層でとらえたい思います。


「面倒なクレームを持ち込むのは団塊世代」の記事に納得の声も - ライブドアニュース

たち悪い老人クレーマー達

 コールセンターで働いてる人に聞いた話によると、確かにこの世代の人達はたちが悪いらしいですわ。「責任者だせ~」だの、「新品よこせ~」だの、「今直ぐ来い~」など。コントか何か?

 電車やバスに乗ってても優先席だどうの、ケータイ電話がどうのと喚くのは、大体この世代の人ですね。

 あと自転車のマナーがなってない。逆走すんな!歩行者いるのに無茶に通ろうとすんな!そもそもチリンチリン鳴らしまくるな!等など。時代背景もあるので仕方ない部分もあるのかもしれませんが。

さらに達の悪い関西人

 関西人はたち悪い。まあこれもコルセンで働いてる人は言いますね。 何が悪いって、言葉が悪い。関西弁で喚き散らすとわけがわからないし。困ったもんです。

 全国から電話がかかってくる仕組みのコールセンターでも、関西からの電話だけは関西人専用のコールセンターに繋ぐなんてものもあるようです。関西人の対応は関西人が対応するのが一番って事ですかね。

 けど、関西人専用コールセンターの営業時間が終わる深夜の時間帯になると、中枢センターに繋がるようになって、コルセン的には「あ~そろそろ、関西人からの電話が回ってくる……」てな感じで精神を病んでいくわけですね。

 そりゃコルセンの中の人も人間なんでね、レッテルじゃないけども、あ、年配の関西人からとなると身構えるわけです。ほんと、話聞くとムカつく人もいるからねw。とにかく理屈が通らない。

 有為多望な若者を鬱にしながら、元気なご老人方にサービスを提供する。これがまあ、全てではないけど事実でもあります。

 ま、私も関西人なんですがねw

コールセンターに働く人達

 コールセンターに働く人達は、基本的に派遣社員だったりパートだったりします。で、主婦とかも多いのですが、意外と多いのが、劇団員の人や、バンドマンや歌手を目指す歌い手さん、モデルさん、ダンサーさん、芸人さんといった、結構バラエティー豊か!

 短い時間にサクっと入れて、当日キャンセルしたり、シフトが自由に組めたりと、そういう所が人気らしいです。でも、あんまり長続きはしないみたいですね。

 こんなこと続けてたらコルセンで働く人が少なくなり、時給を上げざるを得なくなり、それがコストとして製品価格上昇に繋がるわけで、そろそろ日本の企業も強気でくるんじゃないですかね。アップルみたいに。

 以上、与太話でした。

 スポンサーリンク