読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の音が好き

アマオトです。ゲーム攻略、プレイ日記、ペット、雑貨、家電、ガジェット紹介記事などが中心です

【Destiny Episode 0】タイタン君はみんなを守りたかっただけなんです #Destiny_Jp

タイタン君は丈夫で元気な子。きみは周りを守る立派なタイタンになるんだよ。
そんなふうに子供の頃から教えられたタイタン君。


今日、二十歳を迎えたタイタン君は泣いていました。


そう、みんながタイタン君をいじめるのです。



ハンター君は言いました。
「うわw、シールドの中で殴られて死ぬ奴」
「光のオーブ2個だけって(ぷぷw」


ウォーロックちゃんも言いました。
「タイタン君のシールドあると邪魔なのよねぇ……」
「敵に突撃するのいいけど、結局ボコボコにされて逃げ帰ってくるとか超ウケルwww」



タイタン君は言いました。
「僕はみんなを守って役に立ちたかっただけなのに……」






タイタン君は泣き疲れ、コスモドロームの片隅で寝てしまいました。







その日、タイタン君は夢を見ました。







タイタン君「くっ!敵の攻撃が激しいな!ハンター君にウォーロックちゃん!僕のシールドの中に入るんだ!敵は入って来れない!」
ハンター君「あ、ありがとう!シールドの中からオレのスーパースキルで光のオーブを量産する!」
ウォーロックちゃん「わかったわ、そのオーブを使って私が一気に前線の敵を吹き飛ばすわね!」




激しい銃撃戦が続きましたが、タイタン君のお陰で徐々に前線を押し上げる事に成功。みんなで敵のボスを倒すことができました。





ハンター君「いや〜、タイタン君が居ないと今の攻撃は凌ぎきれなかったよ!ありがとう」
ウォーロックちゃん「身体を張って守ってくれるタイタンくんってステキ!!」




タイタン君「いや、当然の事をしたまでだよ。ボクはタイタンだしね!!」
タイタン君「ついに20突破したし光集めて、いよいよガラスの間だなあオイ!!
ウォーロックちゃん「楽しみだね〜っ!!」






ジ…



ジジジ……



「どこでしょう?」




ジジジ……



「違います」



ジジ……



「うわ」





ジジジ……




「まさか…」

「見つけました」




ジジジ……





「ガーディアン… ガーディアン? ガーディアン!

「成功です…生き返りました!」

「一体どれほどあなたを探したことか」

「私はゴースト。これからはあなたのゴーストです」

                                                                  • -

前置きが長くなりましたが、2キャラ目はハンターで。

レイドでタイタンは活躍できるらしいですが、レイドしんどそうで…。

関連記事