読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の音が好き

アマオトです。ゲーム攻略、プレイ日記、ペット、雑貨、家電、ガジェット紹介記事などが中心です

【星新一】ショートショートの神様の作品を角川書店のKindle本 70%セールで大人買い!

書籍

 星新一といえばショートショートショートショートといえば星新一。奇想天外な発想、話の面白さ。一つ一つのお話は短いので読みやすい。ネットには、こんな面白いコピペがあります。

 何を書いても星新一の盗用になることに憤慨した23世紀の若手SFワナビが星氏を抹殺するため時を越えると、そこでは似た境遇の無数のワナビが地下の劣悪な環境下でショート・ショートを書かされている…全時間、全時空、全次元のショート・ショート作家は皆ここに集い、皆星新一として死んでいくのだ

(注釈)ここで言う「ワナビ」とは、作家志望みたいなニュアンスです。

 この短文の中に星新一的面白さと、星新一のすごさというのが詰まっています。

 幼少にファミ通の「ゲーム・キッズ/渡辺 浩弐」や「世にも奇妙な物語」で育った私が、筒井道隆と来て星新一にハマらないはずがありません!

 新潮文庫で幾つも所有している私ですが、今回のセールで角川版が安くなっています。当然大人買いです。エッセイもあります。


私のNexus7が今最高に輝いている!

大人買いは購入後の画面から1クリックが便利

 大人買いする時(一気に購入する場合は)、購入後の画面の下にある「おすすめ商品」から「1-Clickで今すぐ買う」をポチって行くのが楽です。


購入の度に転送する端末を指定しなくてよいので楽です。

ショートショート

35作品
¥102 (73% OFF)
お金持ちのエヌ氏は、博士が最も優秀と自慢するロボットを買入れた。オールマイティのロボットだが、時々あばれたり逃げたりする。ひどいロボットを買わされたと怒ったエヌ氏は博士に文句を言ったが……。ショート・ショートでは第一級の作者が綴る、大人と子供のための童話。表題作他35編を収録。

きまぐれロボット (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-17)
売り上げランキング: 5

12作品
¥120 (74% OFF)
ある時代――電話は単なる通話の道具ではなかった。ある番号を回せば、自分の商売に関連した情報が即座に送られてくる。診察器と組み合わせれば、居ながらにして病院の診察もうけられる……。そんなある日――メロン・マンション1階の民芸品店の電話が鳴り、「そちらの店に強盗がはいる」とだけ告げて切れた。そしてそのとおり、店は強盗に襲われた。それを契機に12階までの住人に次々と異様な出来事が。――謎に満ちた12の物語がつくるショッキングな結末とは?

声の網 (角川文庫)
声の網 (角川文庫)
posted with amazlet at 14.01.23
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-16)
売り上げランキング: 17

29作品
¥144 (71% OFF)
宇宙パトロール隊が偶然発見したジフ惑星はすばらしい星に見えた。人口過剰の地球にとって、この上ない植民地であり、別荘地である。かくして、基地の建設が始められたが、次々とその目的は、不思議な幻の出現によって攪乱される……。限りなき人間の欲望を抉る「いじわるな星」の他、29編を収める傑作ショートショート集。

ちぐはぐな部品 (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-17)
売り上げランキング: 38

¥114 (70% OFF)
この広い宇宙には、想像もできないような怪事件が待ちうけている。宇宙基地に連れてこられたミノルとハルコは、奇妙な“電波幽霊”の正体をつきとめるため、広大な宇宙空間へ旅立った。ものすごく攻撃的な鳥が支配していたテリラ星、動物だけを食べつくす恐ろしい植物に占領されたオロ星、かぶと虫のような怪虫に滅ぼされてしまった無人の星など、果てしない宇宙で彼らは大活躍! すばらしい空想の世界に読者をさそいこむ傑作宇宙冒険小説、表題作ほか「まぼろしの星」収録。

宇宙の声 (角川文庫)
宇宙の声 (角川文庫)
posted with amazlet at 14.01.23
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-17)
売り上げランキング: 54

16作品
¥144 (71% OFF)
小さな調査会社勤務のおれに、ある日、競争相手の会社で開発中の新製品がどんなものかを調べてくれという命令があった。つまり、産業スパイをしろというのだ。会社の研究所にはもぐりこめたものの、たちまち守衛につかまってしまい、その会社の独断で処罰されることになったが、その処罰とは未完成のまま放置されていたテレポーテーション装置を使って、地球外へ追放するというのだ! 産業スパイがバレて、地球外へ〈追放の刑〉になった男の幻惑「地球から来た男」ほか16編。

地球から来た男 (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-17)
売り上げランキング: 42

11作品
¥126 (73% OFF)
一本の電話をうけたとたんショック状態に陥る人が、青年のまわりに続出しはじめた。わけを聞いても、みんな「なんでもない」の一点ばり。いったいどんな電話なのか? 好奇心をかきたてられた青年に、ついにその電話が。そして……。(「なんでもない」) 表題作「ごたごた気流」ほか、皮肉でユーモラスな短編11編を収録。

ごたごた気流 (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-16)
売り上げランキング: 45

9作品
¥126 (73% OFF)
にぎやかな街のなかに男と女が出現した。彼らは突然そこへ出てきたのである。しかも裸で。ただ腰のあたりだけを葉っぱでおおっていた。警察の取調べに、男はアダム、女はイブと名のった。目立ちたがりやの芸術家かぶれか、すこし頭がおかしいのか? だが二人とも大マジメ。やがてテレビ局が二人に目をつけ、いつのまにか二人は本物のアダムとイブだと決まり、学者がいろんな説をとなえはじめ、そして、事件が発生した――表題作「おかしな先祖」ほか9篇の“SF落語”集。

おかしな先祖 (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-16)
売り上げランキング: 64

16作品
¥144 (71% OFF)
小さな調査会社勤務のおれに、ある日、競争相手の会社で開発中の新製品がどんなものかを調べてくれという命令があった。つまり、産業スパイをしろというのだ。会社の研究所にはもぐりこめたものの、たちまち守衛につかまってしまい、その会社の独断で処罰されることになったが、その処罰とは未完成のまま放置されていたテレポーテーション装置を使って、地球外へ追放するというのだ! 産業スパイがバレて、地球外へ〈追放の刑〉になった男の幻惑「地球から来た男」ほか16編。

地球から来た男 (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-17)
売り上げランキング: 42

エッセイ集

 これを気に星新一氏という人物そのものに興味をもった方にはこちらも。きまぐれシリーズで色々あります。

¥186 (76% OFF)
日本にショート・ショートを定着させ現在SF界の第一人者である著者が、その十年間の作家生活の中で書き綴った、百余点のエッセイを収録。子供の頃の思い出や食べ物の話、映画や旅行の感想等は、星新一の創作の秘密の一端を覗かせるようであり、また、その博識や卓抜した着想に触れて、読者は限りない興趣を覚えるであろう。

きまぐれ星のメモ (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-17)
売り上げランキング: 157

¥144
本を読むのは楽しい。乱読して、片端から忘れていくのも楽しいけれど、テーマ別に集中して読めば、もっと楽しい。頭の中でまとまって、会話のネタにも不自由しません。世界の少数民族たちと仲よくなったり、李白老子と遊んだり。ここと思えばまたあちら。のんびりと春風に吹かれていると、突然鋭く切りつけられる。油断のならない、思わず吹きだす辛口エッセイの数々。ホシ式学問術の成果、ご一緒にどうぞ。

きまぐれ学問所 (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-16)
売り上げランキング: 182