読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の音が好き

アマオトです。ゲーム攻略、プレイ日記、ペット、雑貨、家電、ガジェット紹介記事などが中心です

ねこのきもちに載ってた、遊びながらエサが食べられるトイレットペーパーの芯を使った自作おもちゃを作ってみた

猫・ペット

 ねこを飼った時に、知人に「ねこのきもち」をおすすめされたので、先月から購入を開始しました。てか、ねこのきもちって書店じゃ売ってないんですね。申し込む事で毎月自宅に送られてくるそんな雑誌です。

申し込みする時は、Tポイントサイトなどの特典がある所から登録するとお得です。

ねこのきもち

 で、先月号の「ねこのきもち」に載ってた、遊びながらエサも食べる事ができる自作のおもちゃとして、トイレットペーパーの芯を使ったおもちゃが紹介されていたので、簡単に作れそうなので作ってみました。猫さんが、狩り気分でエサをゲット出来るという猫の本能をくすぐるようなおもちゃだそうです。

 我が家の猫は、とにかくおもちゃをよく壊すのでこういった安上がりなおもちゃは大歓迎です。

使うものはトイレットペーパーの芯

 使うものはトイレットペーパーの芯です。厚紙を丸めたり、ラップやアルミホイルの芯でもOK。


先を少し潰しておくとやりやすいです

 少しだけ潰して折り目をつけておくと作りやすいです。

弧を書くように折曲げる

 テープや糊などは不要です。ちょっと綺麗に折れなかったのですが、気にしない、気にしない…。



両側を同じように折り曲げる

 両端を同じように折りまげます

カッターでエサの出入口を作る

 カッターナイフを使って小さな穴を開けます。



おまけで絵を書いてみる

 これだけだと、ちょっと味気がないのでマジックペンで絵を書きます。お好みでどうぞ。

穴からエサを数粒入れる

 5粒〜10粒くらい入れると良いと思います。エサを入れると、カラカラカラという音がなるので、猫さんの名前を呼びながらカラカラしましょう。音と臭いで直ぐに猫が近づいてくると思います。

 最初はなかなか要領を得てくれないと思いますが、エサの臭いだけはぷんぷんするので何とかして食べようと頑張ります。コロコロ転がすと穴からエサが出てくるので、徐々に覚えてくれます。放っておいても勝手に遊びつつエサも食べてくれるので楽ちんです。

 我が家では、お皿でドライフードをあげる時に、5粒ほど抜き取っとこの玩具に入れておきます。しばらくしてから、おやつ的にネコに与えます。

狩りの本能を満たしてくれる

 食べにくいというのは、ストレスになるんじゃないかとも思うのですが、こういう風に色々試しながらエサを食べるというのは、ネコにとっても達成感があって、本来の狩りの本能を満たしてくれるよい刺激になるそうです。人間で言うなら知育とかいうやつでしょうかね。

 結果的に、時間をかけてじっくり食べる事になるので消化にもよさそうです。ちゃんとした量をあげているにもかかわらず、もっとエサくれ〜、エサくれ〜とおねだりするネコちゃんに、追加でおやつを与える時にもオススメです。普通にお皿にいれてあげちゃうと、直ぐ食べちゃってまたニャーニャー言い出すけど、この方法だと時間を稼げますw