読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の音が好き

アマオトです。ゲーム攻略、プレイ日記、ペット、雑貨、家電、ガジェット紹介記事などが中心です

iMac Late 2012でUSB3.0のHDDを試してみた

Mac

 今日はUSB3.0対応のハードディスク「LaCie minimus LCH-MN1TU3」を借りることができたので、iMac Late 2012 に接続して使ってみました。Macにも対応したモデルです。すでにこのモデルは生産終了で最新モデルは「LaCie minimus LCH-MND020U3」というテレビにも対応したモデルになるようです。

 USBケーブルが付属しているのですが、USB3.0製品のコネクターは違いがわかるように青色になっています。コネクターの形状は同じだけど、USB3.0では導線が増えている為対応のケーブルが必要です。個人的にはこの青いコネクターってのがちとダサい感じがするのですが…。

 フォーマットはWindowsMacで大容量のデータを共有する時に便利な、exFATです。NTFSはMacだと読み込みはできるのですが、書き込みはでいません。FATは、MacでもWindowsでも読み書きができるフォーマットなのですが、如何せん4GB以上のファイルを扱うことができません。という事で拡張されたのがこのexFATです。

 接続してみたところ、ちゃんとUSB 3.0 SuperSpeed バスで、速度最高 5Gb/秒になっているのが確認できます。

 という事で早速Xbenchを走らせました。結果は58.80という事で、FusionDriveの400超えを見たあとでは、さすがにあまり感動はありません。こんなもんかという結果ですね。USB 3.0の理論値は5Gbps。bpsのbはbitですので、それをxbenchのByteに変換すると625MB/secになります。

理論値がでないのは当然として、まずまずの結果

 一般的にも理論値なんて出るわけがないというのが常識です。バッファローのサイトにも下記の記載されていて、大体今回の結果もそれに似た数字になっていると言えます。過度な期待は禁物です。

 USB3.0の最大転送速度5Gbpsは、規格値です。規格値とは理論上の値であり実環境での速度ではありません。その速度は製品によってまちまちであるため、当社では実環境での速度の目安を「実効値」として表記しています。例えば、USB3.0対応外付けHDD「HD-HU3シリーズ」の場合、USB3.0接続時の実効値は、123.4MB/sです。
これからは新規格 超高速USB3.0|Buffalo

データをコピーしてみる

 USB3.0接続HDDにある78.12GB、74,428項目のデータを、内蔵のFusionDriveにコピーしてみました。コピーが始まってすぐは残り時間の表は計算中であったり数値が激しく変化するので、ある程度安定した段階で画面をキャプチャー約27分。ストップウォッチで測ればよかったのですが離席していたため正確には測れず。ここでは約30分として計算してみます。


  • 30分 = 1,800秒(sec)
  • 78.12GB = 約 78,120MB
  • 78,120MB ÷ 1,800sec = 43.4MB/sec (347.2Mbps)

 という事で、一秒間に約43MB、1分間に約2.6GB、1時間に約156GBって所でしょうか。早いといえば早いけど、期待していたほど早くないという感じ。ま、ベースになる数字(43.4MB/sec)が少しでも変わると大きく結果の数字も振れるので参考程度という事で。

USB2.0接続のハードディスクではどうか?

 さて、ではせっかくなのでUSB2.0(理論値 480Mbps=60MB/sec)のHDDも測定してみました。IO-DATAのモデルです。

 という事で、USB3.0との差はかなりあります。やはりUSB2ではなくてUSB3対応のものを選択するメリットというのは十分感じます。今から買うなら多少の値段差ならUSB3.0を買うと思います。

ちょっと古いMacの内蔵ハードディスクと競わせる!

 最後に手元にあるMacBook Mid 2007という古いモデルでの測定結果。最近、Western Digitalの1TBに換装しました。メモリーも4GB(3GBまでしか有効にはなりませんが)に拡張しています。自宅内だけで使っているとはいえ、なかなかこいつが便利で手放せない愛着のある一品です。

 スコアで見ると20ほど違うけど、Detailの数字を見るとそれほど変わりません。同じように、サイトなどにアップされてる数年前のMacProのデータも大して変わりませんでした。ですので、内蔵ATA接続のハードディスクと同じくらいのことは期待しても良いという感じです。拡張性がないiMacにとってはかなり心強い所ですね。

まとめの表